読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらつらなるままに

5人を愛でるブログ

クリエの当日券に並ぶということ

自担はいわゆるデビュー組である。

しかし、ジュニア時代から応援してきた私には
今回ジャニ銀でクリエの当日券に並ぶ人たちの気持ちが痛いほど良く分かる。


とあるすの担の人のブログを読んでとても心が動かされたので、私なりの想いを書いてみたい。

 

これはあくまで私の個人的な想いですので、
こんな人もいるんだなって感じで見てください。

 

自担は入所して1年ほどで、中山優馬 ʷ/B.I.Shadowとして活動しだした。

これはデビューではないが、テレビや紙面に映る機会が増すことは嬉しいことでもあった。

でもNYCBOYS、NYCの活動は色々複雑で、未だになかなか言葉にするのも難しい。

分かってはいたことだか、歌番組で抜かれるのは一度。ほんの数秒。

この数秒に自担がどれだけかけていたか。

抜かれる度に良かったと思う気持ちと、もっと映れー、世間に見つかれーって思ってた。

 

B.I.Shadowとして曲をもらったり、ドラマに出してもらえたり、スマスマで中居くんにグループ名影っていいのみたいにいじってもらったり、その頃はこのグループでデビューするんだろうなと私も思っていた。

 

まぁ、そう簡単にいかないもんです。

 

SexyZoneとしてデビューが決まっても、B.I.Shadowのファンにとっては受け入れられない人も多く、B.I.Shadowとしてのデビューを望む人も多くいた。
デビューしてからも当人たちの望まないところであきらかなる差が生まれ、大人の事情に大いに巻き込まれ、矢面に立たされファンの集中砲火をプロとはいえ成人迎える前くらいの子たちが浴び、それを受けていく。

なんでこんなことばっか起きるのかなと思ったことが幾度となくあった。


誤解なきように言いますが、私はどの形でデビューするのが正解だったとか、デビュー後の形についてどうすべきだったとか文句を言うつもりは毛頭ない。あの事務所が繰り出してきたものを受け取るか流すかの自由はこちらにあるので、嫌ならやめるしかないしという風に思うようになってる。

 

前置きは長くなったが、このようなことも含め、何年も事務所のいろんなグループのデビューを見てきた自分にとって、ジュニアというのはとても流動的でなんの保障もないことは痛いほどよく分かる。


ジュニア内グループはデビューを前提としたグループではない。
ジュニア時代からグループ名を与えられ、活動しデビューする組も近年は多いが、組んでいたわけではない人同士が集められてデビューするパターンが一般的な気がする。


もしかしたら自担が望んでいる形では活動が出来なくなるかもしれない。
ジュニア担であればそれは絶対について回るはずだ。

 

デビューは1つの通過点でしかない。
デビューしても人気が出るか、ヒット曲や俳優業もこなせば出世作が出来るか、冠番組が持てるか。
様々な錘をしょいながら、常にトップを目指している。

 

そしてその通過点に立つまでも、試練の繰り返しで、努力しても幸運の女神の前髪をつかめるのはほんの一握り。

この業界は多かれ少なかれ運が必要だと思う。
事務所に押してもらえる(オキニと同じグループに選抜される)これも運だし、ジュニア時代に出たドラマが当たるとかも運だと思っている。


そしてもう1つ大事なのがどれだけ動員できるかというファンの数。
これも絶対に無視できない要因の1つだと思う。
もちろんこちらが何を言ったところで鶴の一声はある。

それは間違いなくある。
でも動員力があれば、次も声がかかる可能性が高いし、
ファン声援や応援が当人たちのやる気に繋がっていることも事実。
もちろん今回のことで言えばクリエに入って応援できれば何も言うことはない。
でもそれが出来ない。

 

クリエの当日券に並んで、
人気があることを少しでもいいから証明しようというファンの気持ち。
これがそれに代わればと思う。
それに答えるかのように岸くんは当日券に並んだ人の為に出てきてくれたと聞いた。
この話を聞いてそういうファンの思いが少しでも伝わっているんだなと思った。

 

また数にこだわる必要ないという人も多いと思う。
それは確かに一理あると思う。

でも数って一番分かりやすいかなとも思う。

デビューしていない組はCDの売り上げという明らかに分かるようなものがない。
クリエのような自分たちだけの公演の応募数や倍率そういう数が、自分たちの人気を示す指数になっているんだと思う。

だから、ジェシーや大我に遭遇した人が、僕たちのファンになってください、並んでくださいって言われたんだよね。それってやっぱりそういうことなんじゃないのと思う。

 

長々と自分の想いを書いたが、少しでも多くの人に頑張っているジュニアが見つかってくれるといいと心から願っている。

少クラ2008~2012.3(ふまけんメイン)

2012年の4月からの出演記録は

某まとめにあるが、ジュニア時代の出演まとめはされてない。

たまにあの時のあの曲っていつ歌ってたっけ?ってDVDを出して見るときにいつの回だかわからなくなるので、私のメモとしてここに記しておこうと思う。

部分的にコーナー記載してもいるが、全部は拾えていない(OPダンス、ジュニアYOU便、トーク、ジュニQ等)

 

2008.09.14 One Love

2008.10.05 この瞬間、きっと夢じゃない

2008.10.12 セロリ、すっかりその気でFightスペシャ

2008.11.02 真夜中のシャドーボーイ、スクール革命

2008.11.09 無限大

2008.12.07 ジタバタ純情、真夜中のシャドーボーイ

2008.12.21 Another Christmas

2009.01.04 ハダシの未来

2009.02.01 お手紙(ふまけん)、GLORIA

2009.02.08 Love so sweet、Darling

2009.03.01 グッディ、星をめざして、愛してる愛してない

2009.03.08 Ultra Music Power

2009.04.05 サクラ咲け

2009.04.12 weeeek、無責任ヒーロー、Fight All Night

2009.05.03 フラワー

2009.05.10 グッディ、君と僕の6ヵ月、まいったネ、今夜

2009.06.07 Peak、ルート・17

2009.06.14 truth

2009.07.05 情熱JUMP、お手紙読み隊、ララリラ、冒険ライダー

2009.07.12 悪魔な恋

2009.09.06 悪魔な恋、ララリラ

2009.09.13 希望~yell

2009.10.04 NYC、キセキ、Dial Up、ジュニアにQ

2009.10.11 青春アミーゴ

2009.11.01 Can do can go、NYC、ララリラ

2009.11.08 TEPPEN、課外授業

2009.12.06 NYC、Dial Up、すっかりその気で、お手紙コーナー

2009.12.13 シンデレラクリスマス、悪魔な恋

2010.01.10 NYC、メドレー

2010.01.17 NYC、課外授業

2010.02.07 NYC、蒼い季節、Dial Up、愛のかたまり、課外授業、YOU&YOU、ラブレター

2010.02.14 フィーバーとフューチャー

2010.03.07 WAになっておどろう

2010.03.14 サクラ咲け、花唄、お手紙(ゆごほく)、ララリラ、課外授業

2010.04.02 課外授業、憧れのEgoist

2010.04.09 今すぐに

2010.05.07 Ultra Music Power、Your Seed、今すぐに

2010.05.14 勇気100%、ワッハッハー、ジュニアにQ

2010.06.04 お手紙読み隊、フリゲー、悪魔な恋,星屑のスパンコール

2010.06.11 空のスクリーン、TEPPEN、胸キュン、ジュニアにQ

2010.07.02 Real Face、GLORIA、TEPPEN、ララリラ、今すぐに

2010.07.09 急☆上☆Show!!

2010.08.06 Ho!サマー、Fight All Night

2010.08.13 君の瞳に恋してる、胸キュン、波

2010.10.08 トーク、真夜中のシャドーボーイ

2010.10.15 欲望のレイン、Fight All Night

2010.11.05 トーク、メドレー、ミッドナイトシャッフル

2010.11.12 WAになっておどろう

2010.12.03 Love Rainbow、トーク、悪魔な恋

2010.12.10 シンデレラクリスマス

2011.01.07 ~LIFE~、お手紙書きましょう、ビリビリDANCE、情熱JUMP

2011.01.21 Stand Up、がんばりましょう、お手紙読み隊

2011.02.04 ブルドック、Venus、NAINAI16、君だけに、サワレナイ

2011.02.11 明日に向かって、卒業

2011.04.15 世界に1つだけの花

2011.05.06 希望~yell、フラワー、Can do can go

2011.05.13 がんばりましょう、青春アミーゴ、全部抱きしめて

2011.06.03 オリジナルスマイル、ララリラ、強く抱きしめて、今すぐに、ビリビリDANCE

2011.06.10 NYC

2011.07.01 今すぐに、With you

2011.07.08 Hotサマー、夏のかけら、SUMMARY

2011.08.05 With you、ジュニアにQ、夢物語

2011.08.12 紅く燃ゆる太陽、ジュニアにQ、CrazyRainbow

2011.08.07 Ultra Music Power、With you

2011.10.14 Dash!!、欲望のレイン

2011.11.04 情熱JUMP、情熱、SexyZone、Venus

2011.11.11 SexyZone、MagicPower

2011.12.02 SexyZone

2011.12.09 SexyZone、With you、Knock! Knock!!Knock!!!、ding-dong

2012.01.06 Ultra Music Power、SexyZone

2012.01.13 SexyZone、Dreams come ture

2012.02.03 SexyZone、Knock! Knock!!Knock!!!、I see the light、トーク

2012.02.10 SexyZone、欲望のレイン

2012.03.02 SexyZone、トーク

2012.03.09 スキすぎて、お手紙書きましょう(しょりそう)、勇気100%

 

Welcome to Sexy Zone 代々木24日夜公演レポ

1日目の夜公演のレポに大体は書いてあるので、2日目は1日目と違うとこだけと

2日目に気づいたことなどを中心に。

 

怒涛のシングルメドレーまでは一緒でMCタイム。

この日はふまけんでした。

このコンサートも1か月くらいたったけど、いろいろあったよねという話から

風磨くんが、福岡でも話していた名古屋のシャワー室話を再度語りだします。

 

この公演ではメンバー1人ずつセンステでソロダンスがあるのですが、

名古屋公演の時、聡ちゃんは風磨くんのソロダンスをまねしてた。(うん、確かにね)

シャワールーム(どうも個室が2つある模様)

同じシャワールームを使ってた2人

健人:「君、菊池ふまたんの真似したてでしょ?」

聡:「違うよ、してないよー」

そこに風磨くんが入ってきて、空いてた個室は温度調節しなくていいやつだから、風磨くんは聡ちゃんと自分が同じ方使って、健人くんに空き個室の方を譲りたくて(「中島に楽してほしくて」と言ってたんだらしいのだが、こういうとこ風磨くんだよね)交換したらしい。

で、風磨くんと聡ちゃんが同じシャワールーム使って、

中島さんは男と男のやり取りだなって思って素直に譲ってもらって当事者同士にしたようです。

風磨:「どうだった、(温度)ちょうどよかったでしょ?」

健人:「うん、ちょうどよかった」

風磨:「っていう俺も中島が調整してくれてたからちょうどよかったんですけど」

(これになに?カップルの会話ですよ、そんなに俺の中島アピールしたい?普段照れるくせにー!と言いつつ、たまに放り込まれるふまけんエピ好物ですwww)

風磨:「俺と中島は暗黙のルールみたいなのあるんだよね、中島が腰回したら俺はしない」

上が空いてる個室のようで健人くんにもその話が聞こえます。

健人:「逆に風磨がけったら(キックしたら)かっこいいなと思っても俺はやらない」

こんなことお兄ちゃんズに言われる聡ちゃん。

聡:「違うよ、おれの方が服高めにめくってたし、腰も回してた」

反論したようですが、結局のことろ聞き入れてもらえないというか次はやめようみたいな流れになったようです。

で、ここからがふまけんなんですね。

聡ちゃんが先に出て行って、ふまけんが残ったんですね。

風磨:「なんとなくわかるのよ、絶対中島も洗い終わってるの。俺も洗い終わってて、どっち先出るかって、裸で鉢合わせるのも気まずいじゃん」

風磨:「そしたら急にはあぁぁぁぁみたいに言い出して明らか出ますよアピールしてきて」

健人:爆笑

風磨:「俺も(まだ出ないよみたいに)シャワー強めたりしてさ、シャワーで会話してた」

勝利:「言葉で会話して」

 

えらくこの話がお気に入りなのか、風磨くんが再度語るとは。

それも思い出で思いつく話がこれなわけですよね。

 

で、そこからしょりぽんが、ハワイでも一緒に寝てたしお風呂もはいってたよねと言い出します。(勝利ナイスアシスト!)

会場待ってたとばかりにどよめくw

風磨:「ちがうよ、あれは」

風磨:「ジャニさんに中島と菊池はここで寝てって言われたの、謎のセミダブル」

風磨:「シャワー浴びてたら急に中島入ってきて」

勝利:「(健人くんに向かって)怖いから?」

健人:「だって大きい部屋に1人きりでだったんだよ。その前にほん怖見てて、男の子が部屋の隅にいたらどうしようとか思って。だってここ近くプールあるよ、水辺って出るっていうじゃんとか菊池が言うから」

マリ:「でもあそこホントに幽霊いたよね?なんかドアから出て行ってジャニさんかと思ったんだけど」

風磨:「ジャニさん幽霊じゃないからw」

健人:「で、シャワー入ったらきくてぃーのおしりーがあって」

風磨:「そりゃ、あるだろ、てか満員電車に乗ってくるおじさんみたいにちょちょちょってきて、裸の人がちょちょちょってw」

健人:「俺、裸抵抗ないんですよ!」(なぜか真剣なかんじでw)

 

というふまけん厨にはおいしすぎる話題を風磨くん自ら提供してくれて

ありがたい日でした。

 

ここでNHKさんの中継がはいるよーってことでメンバーはお着替え。

その間ストが出てきてくれて場をつないでくれました。

振り付けとこんな感じで盛り上げてねーって樹が回してくれて、

結構映るよーみたいな話から、ゆごが花道通ったら騒いでねってゆごでリハしたりとかもありました。

 

勝利の日まで

声出してみたいな煽りが結構中継前にあったのもあって

お客さんものってたし、歓声も前日に比べるとすごかった。

 

ここでPrince登場して、健人くんの安定の岸いじりです。

君誰?岸です!これ何回聞いたかなw

 

ジェラ男が終わって、Six tones登場。

Be Crazy

ラップのとこまではメインで歌ってるんだけど、

その後2人ずつに分かれて外周回ってバクステでしめる構成。

 

ストは本当にすごくて、変更事項とかあるとさりげなくサポートしていて

バックについてもらってこんなに心強いジュニアはいないと思う。

個人的にゆごほくには笑顔でいてほしいとずっとずっと思っているので

ふまけんが北斗と目配せしてたり、優吾と笑顔で絡んでたりする姿が見れて幸せだった。

今は違うグループだけど、あの時期一緒に活動して切磋琢磨してきたことには変わりはない。

色んな仲間と出会って、いろんな仲間と離れて行って、でもひとつでいたい。

風磨くんが去年のソロで話していたこと、2013年の新春魂を思い出しました。

 

この後は1日目と同様に進んで、Wアンコ。

Hey you!

もっと遊びたいの?遊び足りない?って風磨くんかな言ってて

じゃあキャーキャー言ってねって勝利くんが言ってこの曲がかかりました。

健人くんはずっと外周を走り回っていて最終的にバクステ左側の外周で寝そべっておられました。

この曲ホントバカ騒ぎ出来るというか良いよね。

23日がイマイチの盛り上がりだったので、座席の位置とかもあるけどそれに比べ24日は盛り上がっていて楽しかったです。

Welcome to Sexy Zone 代々木23日夜公演レポ

時間は経ってしまいましたが、ウェセクの代々木のレポでもあげておこうと思います。

名古屋も行ってますが、ちょっと前すぎるので、代々木のみ自分用で。

******************************************************************************************

ペンラやうちわ持ってたけど、会場限定のゴムがほしくてグッズ列に並ぶ。

すでに赤だよ情報は並ぶ前に分かっていたが、これは記念と思っているので並ぶ。

8時15分回った頃に並び始めて買えたの12時半くらい。

名古屋がそこまでではなくて、前回の春魂も含めグッズでそんなに並んだ記憶がない。

会場限定のマジックなのかわからないが、ちょっとビックリした。

13時公演に入る人で私より後に並んだ人は途中どんどん諦めて列から抜けていた。

ペンラないとか寂しいよな・・・

並んでる直前で若いセクガルちゃんに声かけられてペンラ3人分買ってあげた。

 

私は18時公演なので、一旦家に戻る。

17時過ぎに戻ってきて、会場限定のCDを予約。

この日は1人だからサクッと会場入りして、お花鑑賞。

健人くんに千葉ちゃんからお花が届いていてなんだかほっこりした。

f:id:cappuccino0313:20160501020511j:plain

 

時間通り開演。

セトリ追いつつ所感。

画像はその時の衣装出来るだけ引っ張ってきたつもり。

 

カラフルEyes

WSにも映ってたけどふまけんが帽子。

f:id:cappuccino0313:20160501022719j:plain

Celebration!
Make my day

f:id:cappuccino0313:20160501023926j:plain

ここタオル回すんだけど、意外と回す箇所が少なくて

回してる人もいるんだけど、もっと回してる人多いと良いんだけどな・・・

 

ぶつかっちゃうよ
24-7~僕らのストーリー~

帽子とってフードを被る風磨くんが様になり過ぎてて、菊池さーんってなったw

 

New Day

f:id:cappuccino0313:20160501015632j:plain

始まる前に外周左で風磨くんが大きい扇子を回す。

そのあと外周右マリちゃんが神主が持ってるやつみたいなの振る桜の花びら舞う。

バクステで聡ちゃんが般若の仮面つけて踊るセンステに戻ってくる。

健人くんと勝利くん登場。これはもうJW。

太鼓2人で叩いて降りてきたら殺陣。

ストプリが出てきて目が光る仮面持ってて切る切るみたいな。

で、また太鼓に戻る。

 

 ---衣装チェンジ---

If you wanna dance
Ghost~君は幻~

f:id:cappuccino0313:20160501015505j:plain

この辺はもう何か感慨深い。

当時のキーではなく、今のキーで歌う。

よく健人くんが今しか歌えない歌、今しかできないダンスって話してくれるけど、

それをずっとデビューから見てきて今5人で出来ることを見せてもらえた気がして嬉しかった。

ゴーストの張り付けられる演出もかっこいいです。

 

---衣装チェンジ---
Sweety Girl

f:id:cappuccino0313:20160501015533j:plain

f:id:cappuccino0313:20160501015546j:plain

さっきまでメインステにいたのにセンステに突然現れ衣装も違う。

これぞジャニーズだよね。

マリちゃんは外周左でボール持って、聡ちゃんは外周右でステッキを持って踊る。

とにかくマリちゃんと聡ちゃんのかわいさが存分に堪能できる曲です。

 

無邪気な時間は過ぎやすく
フレンド

f:id:cappuccino0313:20160501023919j:plain

ここトロッコです。

歌う順番に左に勝利くん、右に健人くん、左中央で風磨くんという形で登場。

2階1列目とかホント目の前だっただろうな。

フレンドで聡マリ登場。2人もトロッコに乗ってきます。

左が健人くん、聡ちゃん、右が勝利くん、風磨くん、マリちゃん

って感じで回ってきました。


King & Queen & Joker
男 never give up
Real Sexy!
Lady ダイヤモンド
Sexy Zone

f:id:cappuccino0313:20160501022727j:plain

ここは怒涛のメドレーZone

のってきたと思うと次の曲みたいになってもう少しってなったのと

それだけみたなこともあるけどご愛嬌で。

 

---ここでMC---

座りましょって感じで促してファン着席。本人たちは立って話してます。

この日は花粉症の話題。

勝利くんは花粉症が風邪みたいに流行ってるのにかかると治らないし、

その時期ずっと花粉症の人が大変だってことで何とかしたいと。

その後、グッズでティッシュ売ったらいいとマリちゃんが言うと

すかさず、健人くんがセクシーティッシュといいはじめる。

それを受けた風磨くんが、俺多感な時期だからセクシーティッシュはちょっと・・・

じゃあマスクかと自分で言ったのにマスクもダメだとなる菊池さん。

下ネタの投下率No.1実績が遺憾なく発揮されています。

この辺はTwitterに載せたのに継ぎ足してます。

あとは、勝利の日までの振りを教えたり宣伝かな。

宣伝で勝利くんのハルチカの話になった時、勝利くんが噛んじゃって、

それをすかさず健人くんがかわいいーってほっぺぷにっとしてたのに萌えましたw


勝利の日まで

振り付けみんなでして盛り上がれる楽曲です。

この日はジュニアもたくさんでした。

 

この後この日はKing登場。

すごい歓声で、特に私の両サイドはジュニア担のようで、すごかった。

前日のMステの話題をして、健人くんは安定の廉くんいじり。

 

you're the only one

3人で書いた歌詞。

かわいいと大人の混じった感じがたまらなくて良いです。

 

Mr. Jealousy

f:id:cappuccino0313:20160501015553j:plain

ジェラ男の登場です。

衣装は少クラのを魂バージョンで装飾up

キャップかぶってる岸くんがバックについてるんですが、

岸いじりしててキャップ外した岸くんの髪の毛ワシャワシャ。

ダンスのナナナの部分はファンもやってて良かった。

黒崎感はほどんど抜けましたけど、Sな感じの俺様風が良いです。

安心と信頼の中島健人ですから、きちんと魅せてくれます。

 

Love Confusion
Easy come! Easy go! Easy love!

f:id:cappuccino0313:20160501023512j:plain

マリちゃんが登場し、英語でマリちゃんに呼ばれて

メンバー1人ずつファッションショーみたいに花道歩きます。

で、センステまで来てWSでも流れてたけど、椅子を使ったダンスとハットを使った演出。

今までセクゾにはなかった演出でかっこ良かったです。

 

Electric Shock

これはごめん、シンメが好きな自分としては少クラが良かったです。

4/18の少クラ観覧に入っているのでそっち5/11の放送かな?そっち見ようか。

対局の~はわかるけど、引き寄せあいながらは~はお互い寄るかと思うじゃん。

うーん、バクステで並ぶけど、違うんだよな。不完全燃焼。


Last winter's night

f:id:cappuccino0313:20160501015620j:plain

センステでギター弾くしょりぽん。

感情をこめて歌う姿に拍手。


But...

f:id:cappuccino0313:20160501015613j:plain

ここは完全に菊池風磨劇場。

紫の照明がついてて、電話の演出。

コールがなる、電話に出る、もしもし、もう俺たちおわりにしよう、でも・・・

みたいなのが英語で流れて、風磨くん登場。

MA-1着てて、ダンスめっちゃかっこいいんですよ。

ジョンだったかな?どこかでもソロのダンスがやばいとか書いてたけど

ホントかっこいいよ。

 

この後HiHi,Prince

JWでHiHi見てるけど、やっぱり歌詞がザ・ジャニーズ

 

---衣装チェンジ----

誰にも解けないミステリー
Perfect Potion

f:id:cappuccino0313:20160501015455j:plain

Perfect Potionやばいね。

これ勝利の日までのカップリングにしとくのもったいないと思うんだが。

王道のアイドル路線もセクゾらしいんだけど、

こーいうハードな楽曲もどんどん歌える年齢になってきていると思うし、もっと歌ってほしい。


We Gotta Go
Sexy Summerに雪が降る
君にHITOMEBORE
Cha-Cha-Cha チャンピオン
Congratulations

本編としてコングラが最後っていうセトリはよかった。

コングラって本当に明日も頑張ろうと思える曲。

それと同時に5人が今まで過ごしてきた時間を走馬灯のように思い出させてくれる曲でもある。

それはいい意味でも悪い意味でもかもしれない。

努力はうらぎらない、かなわない夢なんてないって字面だけ見ればよくある歌詞だし、

きれいごとに聞こえるかもしれない。

でも間違いなくこの5人はそれをちゃんと体現していると私は思っている。

だからこれが最後って作り方は素晴らしい。


マワレ ミラクル
BAD BOYS
power of run

f:id:cappuccino0313:20160501022735j:plain

f:id:cappuccino0313:20160501015606j:plain

アンコールです。

ツアーT着てくるんだけど、中島さんあなたどんだけ女子でエロいんですか。

首回りざっくり切ってて、鎖骨がエロい、エロい。

何か最後に全部持ってかれたw

 

この日はしょりぽんの声が終盤裏返る&辛そうなところが多くて

それをみるや健人くんが頑張ってフォローしてて、

それもしんどくなってくると風磨くんがカバーしてっていう光景が印象的でした。

2日目も夜公演に入っているので、1日目と違うとこだけざっくり次に書きます。

とりあえず自己紹介的な

ブログは本当に何年も前にかなり書いていたが、

素晴らしいブロガーさんが世の中にはたくさんいて、書くより読むメインになったこともあり、放置


ここ数年はTwitterメインでやってたが、
友達がジュニアに担降りしたり、卒業し出して話せる人が劇的に減った。
 
まぁ、斗真とか亮ちゃんとか慶ちゃんとかと同い年だから痛いのはわかる。
旦那とか子供とかいる手前出来ない気持ちもわかる。
でも私は声をにして言うが、独身だし、まだまだオタ活したい‼︎
 
ということでこれを機に仲良くしてくれる人が出来たら良いなという淡い期待を抱きつつ、
久しぶりに始めてみようと思いたって、
以前よりはてなには素敵なブロガーさんが多いのでここにしてみました。
 
前置き長くなりましたが、
J事務所のアイドルを好きになり20年くらいです。
 
元々Kinkiの剛担でした。
KinKiデビュー前SMAPさんの後ろで踊ってる時からずっと見ていました。
ほんまにたよりにしてまっせ〜と歌ってるのをビデオで何度も見て
KinKiのFCに入りコンサートにも行っていました。
愛してる愛してないを歌う剛さんのビデオをヘビーに見過ぎて何度も親に怒られました。
このころは地方住みということもあり、茶の間がメイン。
年に1・2回コンサートに足を運ぶという健全なファン生活。
 
その当時連んでいた友達がジュニアにハマり、頼まれて情報局会員にもなってました。
今のジュニアも凄いけど、8Jとかあの辺りのジュニアの人気も凄まじかったなぁ。
往復ハガキを買って自分の住所とか書いて送ってってやつを何年かやってました。
 
こっちに引っ越ししてきたころに光一くんがポップジャムのMCをするようになり
仲間とよく見に行ってて、KAT-TUNの存在を知ることに。
ここでシンメの魅力にはまる、仁亀でした。
それに伴い少クラにも幾度となく行ってました。
 
この頃少クラで、JUMP当時はYa-Ya-Yah
えびキス辺りを良く見るように。
薮光とか小さくてとっても可愛かった。
河合くんもどセンターだったし、何か懐かしいな。
 
2006年頃友達がどんどん当時のジュニアに担降りしていく謎の現象が周りで起こる。
誤解無きようにいうと剛さんがずっと好きで、
仁亀も好きだったけど、あくまでシンメ感が好きであって担降りするまでには至ってない。
色んなのに付き添って行っててまるで事務所担みたいな部分はあったけど。
 
2008年終盤頃、少クラでやたらと目立つ子に気をとられるようになる。
それが現自担の中島健人くんだった。
最初はカメラに映ろうとする必死さがおかしかったのかもしれない。
でもこんなに一生懸命で一番前で踊りたい、とにかく出たい、映りたいって想いの強さに、
あぁ、この子応援したいと素直に思えた。
これは風磨くんにも言えることだけど、あの映りたい、前に出たいって全面に出てるのすごい。
 
程なくして菊池風磨んとのシンメ感が好きになる。
自分の中では仁亀以来のふまけんというシンメに萌え始める。
幼すぎるシンメに萌える自分が気持ち悪いなと認識するも、
何とも言えないあの2人の関係性がとにかく楽しくて面白くて今に至る。
 
こんな感じで何か大分いら情ですが、
こっそり読者登録とかすると思いますので仲良くしてもらえたら幸いです。