読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらつらなるままに

5人を愛でるブログ

Welcome to Sexy Zone 代々木24日夜公演レポ

1日目の夜公演のレポに大体は書いてあるので、2日目は1日目と違うとこだけと

2日目に気づいたことなどを中心に。

 

怒涛のシングルメドレーまでは一緒でMCタイム。

この日はふまけんでした。

このコンサートも1か月くらいたったけど、いろいろあったよねという話から

風磨くんが、福岡でも話していた名古屋のシャワー室話を再度語りだします。

 

この公演ではメンバー1人ずつセンステでソロダンスがあるのですが、

名古屋公演の時、聡ちゃんは風磨くんのソロダンスをまねしてた。(うん、確かにね)

シャワールーム(どうも個室が2つある模様)

同じシャワールームを使ってた2人

健人:「君、菊池ふまたんの真似したてでしょ?」

聡:「違うよ、してないよー」

そこに風磨くんが入ってきて、空いてた個室は温度調節しなくていいやつだから、風磨くんは聡ちゃんと自分が同じ方使って、健人くんに空き個室の方を譲りたくて(「中島に楽してほしくて」と言ってたんだらしいのだが、こういうとこ風磨くんだよね)交換したらしい。

で、風磨くんと聡ちゃんが同じシャワールーム使って、

中島さんは男と男のやり取りだなって思って素直に譲ってもらって当事者同士にしたようです。

風磨:「どうだった、(温度)ちょうどよかったでしょ?」

健人:「うん、ちょうどよかった」

風磨:「っていう俺も中島が調整してくれてたからちょうどよかったんですけど」

(これになに?カップルの会話ですよ、そんなに俺の中島アピールしたい?普段照れるくせにー!と言いつつ、たまに放り込まれるふまけんエピ好物ですwww)

風磨:「俺と中島は暗黙のルールみたいなのあるんだよね、中島が腰回したら俺はしない」

上が空いてる個室のようで健人くんにもその話が聞こえます。

健人:「逆に風磨がけったら(キックしたら)かっこいいなと思っても俺はやらない」

こんなことお兄ちゃんズに言われる聡ちゃん。

聡:「違うよ、おれの方が服高めにめくってたし、腰も回してた」

反論したようですが、結局のことろ聞き入れてもらえないというか次はやめようみたいな流れになったようです。

で、ここからがふまけんなんですね。

聡ちゃんが先に出て行って、ふまけんが残ったんですね。

風磨:「なんとなくわかるのよ、絶対中島も洗い終わってるの。俺も洗い終わってて、どっち先出るかって、裸で鉢合わせるのも気まずいじゃん」

風磨:「そしたら急にはあぁぁぁぁみたいに言い出して明らか出ますよアピールしてきて」

健人:爆笑

風磨:「俺も(まだ出ないよみたいに)シャワー強めたりしてさ、シャワーで会話してた」

勝利:「言葉で会話して」

 

えらくこの話がお気に入りなのか、風磨くんが再度語るとは。

それも思い出で思いつく話がこれなわけですよね。

 

で、そこからしょりぽんが、ハワイでも一緒に寝てたしお風呂もはいってたよねと言い出します。(勝利ナイスアシスト!)

会場待ってたとばかりにどよめくw

風磨:「ちがうよ、あれは」

風磨:「ジャニさんに中島と菊池はここで寝てって言われたの、謎のセミダブル」

風磨:「シャワー浴びてたら急に中島入ってきて」

勝利:「(健人くんに向かって)怖いから?」

健人:「だって大きい部屋に1人きりでだったんだよ。その前にほん怖見てて、男の子が部屋の隅にいたらどうしようとか思って。だってここ近くプールあるよ、水辺って出るっていうじゃんとか菊池が言うから」

マリ:「でもあそこホントに幽霊いたよね?なんかドアから出て行ってジャニさんかと思ったんだけど」

風磨:「ジャニさん幽霊じゃないからw」

健人:「で、シャワー入ったらきくてぃーのおしりーがあって」

風磨:「そりゃ、あるだろ、てか満員電車に乗ってくるおじさんみたいにちょちょちょってきて、裸の人がちょちょちょってw」

健人:「俺、裸抵抗ないんですよ!」(なぜか真剣なかんじでw)

 

というふまけん厨にはおいしすぎる話題を風磨くん自ら提供してくれて

ありがたい日でした。

 

ここでNHKさんの中継がはいるよーってことでメンバーはお着替え。

その間ストが出てきてくれて場をつないでくれました。

振り付けとこんな感じで盛り上げてねーって樹が回してくれて、

結構映るよーみたいな話から、ゆごが花道通ったら騒いでねってゆごでリハしたりとかもありました。

 

勝利の日まで

声出してみたいな煽りが結構中継前にあったのもあって

お客さんものってたし、歓声も前日に比べるとすごかった。

 

ここでPrince登場して、健人くんの安定の岸いじりです。

君誰?岸です!これ何回聞いたかなw

 

ジェラ男が終わって、Six tones登場。

Be Crazy

ラップのとこまではメインで歌ってるんだけど、

その後2人ずつに分かれて外周回ってバクステでしめる構成。

 

ストは本当にすごくて、変更事項とかあるとさりげなくサポートしていて

バックについてもらってこんなに心強いジュニアはいないと思う。

個人的にゆごほくには笑顔でいてほしいとずっとずっと思っているので

ふまけんが北斗と目配せしてたり、優吾と笑顔で絡んでたりする姿が見れて幸せだった。

今は違うグループだけど、あの時期一緒に活動して切磋琢磨してきたことには変わりはない。

色んな仲間と出会って、いろんな仲間と離れて行って、でもひとつでいたい。

風磨くんが去年のソロで話していたこと、2013年の新春魂を思い出しました。

 

この後は1日目と同様に進んで、Wアンコ。

Hey you!

もっと遊びたいの?遊び足りない?って風磨くんかな言ってて

じゃあキャーキャー言ってねって勝利くんが言ってこの曲がかかりました。

健人くんはずっと外周を走り回っていて最終的にバクステ左側の外周で寝そべっておられました。

この曲ホントバカ騒ぎ出来るというか良いよね。

23日がイマイチの盛り上がりだったので、座席の位置とかもあるけどそれに比べ24日は盛り上がっていて楽しかったです。